レンズケアで眼の健康を守ろう

コンタクトレンズを使用していると、タンパク質・脂肪・カルシウムなどの涙の分泌液や化粧品などの汚れがどうしても付着してしまいます。そのままにしておくと、くもって見えにくくなるほか、装着しているときに違和感を覚えたり、眼の病気を発病してしまう事もあります。レンズケアは勿論の事、定期的に眼科医に受診して眼の状態を確かめることも大切です。そして、最後にレンズケアの前には必ず手を洗いましょう。手に汚れがあるどうなるでしょう。それは、レンズの他、ケア用品やレンズケースに微生物が付着してしまい、汚れを落とすどころかさらに汚してしまうという結果をまねいてしまうのです。ですから、必ず手洗いをして、綺麗な手でケアを行ってください。

klasdjflasdklfklsj.com